毒親と子のお話。

脱出したくて考えてきたことのまとめ。

良い嘘、悪い嘘

みんな嘘つきなんじゃないだろうか(またゼロか1かで考えてる)

 

「この中から好きなの選んでいいよ」

好きなの選ぶと文句言われるのはどうして?

ファミレスなら高いの選んじゃいけないし

クレヨンは地味色取らないと怒られるし

言う方の事情(言い訳)はいろいろあれど、言われる方までは考えてもらえない。なぜこちらが「空気読めない」と言われなきゃならないんだろうか。

 

好きなのを選んでいいというのは嘘なんだね?

 

「見栄っ張りなんだな。」

なんて理解してやる必要はなかった。こいつは私に対して嘘を言ったんだ。騙したんだ。

 

親が私に嘘を言うはずがないし

嘘はだめだと言われてきたし

もし嘘でも「良い嘘」か「仕方ない嘘」なんでしょ?

って思ってたから発言の矛盾があっても仕方ないと思ってたけど、

 

 

ないないない

嘘は嘘だ。

 

 

嘘をつかれたくない思いから、親しい人には嘘をつかれたくないと思って、友人の言うことは嘘は無いんだと(だって友達だから)、家庭から離れるとだんだんフィルターが薄くなるので注意。

家族が嘘つきなのには気づいてる。

 

どーせ、空気なんて読めない。

嘘を正当化しようとしてるだけって思うことにしてる。

 

 

子供の時に教わる善行

・嘘つかない(嘘つかれまくり)

・みんなのために(私のためには誰もやらない)

・ゆずりあい(私にはゆずってくれない)

・他人が嫌がる仕事をひきうけよう(そして他人は楽をする)

 

これは真面目に信じるバカが何人か作れればいいやっていう作戦だったのか、そうかー。

 

 

騙すのは、悪いことだよね?

 

 

どこを基準に

上を向いて、歩こう

 

上ってどっち?

 

今私は布団に転がりながらスマホでぽちぽち文字を打ってるんだけど、

天井(空)方向なのか、頭方向なのか。

 

前向きに!

 

前ってどっち?

 

 

私は場所を示すときに北方向を上だとして話すんだけど、たいていの地図が北極を上に描いてるからなんだよね。

カーナビとかだとノースアップ(地図の上が北に固定されている)とコースアップ(自分が向いている方向が上になるので地図がぐるぐる回る)が選べたりする。

 

言葉のイメージで

前向き→幸せ、明るい、向上心

後ろ向き→悲しい、暗い、後悔

こんな感じがする。

 

 

どんな方向でも私が前だと思ったら前だし。

 

たとえば、

嫌いなやつをコロスのはその人にとって前向きな行動なんだよね。嫌いなものを世界から排除して幸せを得ようとする行動だから。

(コロスのは「社会的にアウト」なのでダメですけど)

 

随分と言葉のイメージにとらわれている気がする。

前回書いた「ストレス」も。

ストレスって機械(物理)だと摩擦のことだし、電気だと抵抗かな? ストレスがあるから熱が発生する仕組みだったはず。昔は「精神的ストレス」って言ってたような気がするけど今は「ストレス」だけで精神系をイメージするようになってる。

他人が指す常識もこういったふわふわしたものが多い。変わってきた意味合い、本当の意味も知らないで使う人たち。こっちもふわっと知ってるだけだったり。

…他人とうまくやるのはむずかしい(泣)

 

Aを基準としてのB

一般を基準としての「私」

ここに「違い」があるかどうか。

前向きにとはどのような状態を基準として「前向き」なんだろうか。

 

毒親のことを愚痴ると「また後ろばかり見てる。もっと前向きなことを考えようよ」と言われるけど(先生にも言われたし)、根本から治すために掘ってるからこれは前向きな作業なの!

(暗い方向ばかり見ていると鬱になるから気を付けて)

 

私基準と思えるのは良いと思うんだ。

個人作ってから他人と擦り合わせる。

あくまでも私の考えですよという意味で「私はこう思います」とか「私は好きです」というように「私は」をつけて喋ると相手が「一般的」と「私」を分離して考えてくれるようになったので話がしやすくなった。

 

「いちごはすっぱいです」だと、「普通苺はすっぱいものです。甘いと思うあなたがおかしいです」みたいに聞こえてしまう。私には聞こえるんだ。これが「私はすっぱいと思います」になると「この子はすっぱいと感じるのかー」くらいに思ってくれる。不思議。

(この「すっぱい」も何かを基準としてて、味覚は人それぞれで他人と一致はできないから、「いちごはすっぱい」と覚えたのか、たまたま食べたいちごがすっぱかったのか…まで考えると、すっぱいがゲシュタルト崩壊してくる)

 

 

「Sサイズは小さいです」→「Sサイズは私には小さいです」

「28度では暑いです」→「28度では私は暑いです」

「この映画はつまらなかった」→「この映画は私にはつまらなかった」

 

なので私も「幸せになるために根本から直すべく毒親のことを考えて後ろ向きになりますが、私にとっては前向きです」というようにしてみた。(しかし言うところがない!)

 

 

 

 

 

 

英語で人数を数える時「私と、あなたと、あなた」になるんだけど日本は「あなたと、あなたと、私」になる。個人があって他人付き合うのと、他人優先的なのと、何かにてるきがする。日本人は他人優先傾向?

 

 

個人になる。

個人になる。

 

自分の問題点を探るうちに、「私が困るのは他人とのコミュニケーション」だと気づいてきた。

毒親世界での常識→私の常識→他人には通用しない→他人とうまくいかない

「問題は全て他人との間で起こる」んだよね。

「対人関係で問題」はアドラー心理学の最初にでてくる(wiki)

 

 

そう、私個人では困っていなかった。

毒親との家庭で私は困っていなかった。

私が外界に触れた時に困り始めた。

 

私がペンを2本買っても、私が「おねえちゃんだからね!私良いおねえちゃん!」と思っていたなら、なにも困ってなかったんだ。なんでお金の減りがはやいんだろうと思っても「良いおねえちゃんだから!」で吹き飛ばせるくらいには困ってなかった。

 

不定休の社会人は定休の友達と遊びたい時に困る。不定休だから困るんじゃなくて、定休の友達と休日を(どちらかが、もしくは両方が)合わせなきゃならないときに困る。

 

・他人と合わせようと思うとき

・他人から「お前、おかしいよ」と言われた時

・他人に対して嫉妬した時

 

もうひとつ、

 

・一般的な常識と自分がずれているとき

 

ああ、なるほどって思った。

 

 

 

問題がおきたとき、まず自分だけなら困るかどうかを考えること。

 

例えば、他人から「洗濯してないだろ、臭いぞ」と言われたとする。

「臭いぞ」は言われたら傷つくので(なんで傷つくかは今は考えない)、洗濯しなきゃって思う。でも自室で一人ならどんなに臭くても汚くても自分が平気なら大丈夫なんだよね。(買い物先や大家のことは今は考えない) 他人と会うときに他人が困るなら、他人と会うときだけ対処すれば解決。 もしも、相手が「臭いのが好き」と言ったら、むしろ、臭いまま会う…かもしれない。

洗濯するというのは他人の常識であって自分の常識ではない。ここにズレがある。このズレをなんとかしようとする時に困るわけだ。

相手側は「相手が臭い」のに困ったが、自分のせいではないので、相手(私)に対処を求めた。

相手も洗濯しない族だったら相手も困らないので問題はない。

(そしてこの二人が他の人に「あいつら臭い」と言われる…のはまた別の話)

 

この二人の間では困ってなかった。

毒親との生活ではそれほど困ってなかった。(うちは暴力系なかったので)

困り始めたのは幼稚園や学校行ってから。でも学校って個人の性格や(自分の)常識を出すところではないので、学校生活でというより、学校で出会った友達とプライベートな付き合いを始めた時かな。

(私おかしい?程度なのでまさか親がおかしいとまでは気づけなかった)

帰宅すればさほど困らない。

困った時が気づくチャンスってことだったんだな。

 

 

 

 

他人と違うのがそんなにおかしいことだろうか?

他人や常識と違うけど自分が困っていないならいいんじゃないのか?

むしろ自分はこれでいいと思うならいいんじゃないのか?

 

まず、「おかしい」という言葉に対して嫌な感じをもっていないだろうか。

(余談:「おかしい」を漢字にすると「可笑しい」になるし、「いとをかし」は「たいへん興味深い」になると習った。気休め。)

他人が「おかしい」と言うときは「一般的常識と違うからなんとかして。私はこのまま、貴方が変わるべき」という意味の命令なんだよね。じゃあ一般的常識ってなんだよ?っていうと、社会という集団生活をするために大半が心地よいと思われる擦り合わせをなんとなくふわっとおしつけられてるものなんだよ。

(ここで言う「常識」とは、「jk(常識的に考えて)」とか「常識でしょ」的に他人から押し付けられるテメェの常識であって、みんなが知っているべき(日常の常なる識)事柄ではないのです。モラル?マナー?ぴったりくる言葉があったら教えて下さい)

(最近jkは女子高生の略で使われることが多いかも)

(「常識をかざしてくる=多勢の意見としての圧力」くらいに思ってもいい)

 

おかしいことは個性だし。

円周率をなん桁も言えるのも、戦国時代を見てきたかのように語るのも、声優を聞き分けられるのも、おかしいことだし。

自分一人なら何もおかしいことはない。

 

しかし私たちは社会という他人と交流していかなければならない。

(洗濯しない族の二人もコンビニに行くだろうし)

そんな時は他人と会うときだけちょっと我慢すればいい。

「私は気に入らないけど我慢して仕方なくあなたに合わせてあげてるのよ」くらいの気持ちで。自分の根本(自分の個性や自室での生活)まで変える必要はない。(有か無かで考えるクセから自分の根本まで変えなきゃって気分になるのは気を付けて)

 

 

わたしはわたし、あなたはあなた。

私は個人、あなたも個人。

私とあなたが仲良くしたいなら、妥協点を作りましょうか。

 

 

 

毒親持ちの常識は、毒親という「歪んでいる」「毒の気分でころころ変わる」「明確ではない」常識だし、

自分がおかしいからなおさなきゃと思い込んでるし、

個性なんか持つ余裕がない(見つかり次第潰されていく)から「私は困ってないもん」という開き直りすらできないところにいるし、

それでも(毒親の)常識に合わせなきゃと思うことでさらにふらふらしていくし、

他人との常識にも合わせなきゃならないし、

もう、ぼろぼろ。

 

答えがない不安定な世界にずっと居て、答えを求めても得られないのが常になっちゃってて、常識や他人の言うことの答え合わせをできない。どこでズレているのかがわからないと擦り合わせも難しい。

ズレをズレだと認識するには自分の常識を持ってないとふらふらする。

ふらふらしまくり。

 

毒親持ちが「できない」っていうと「やらないだけだろ」ってよく言われるけど、どこに進んでも行き止まりしか見えないようになってて動けなくなってるんだよ。

あやふやで見えない尖った壁がすぐ側にあるんだ。

 

だからだろうね、助けてもらえそうな意見を聞いてしまって、あっちにふらふら、こっちにふらふら。

 

「ソラは他人の意見に振り回され過ぎ。もっと自分を持ちなさい」

 

私は、脱出したいと思える自我の核が生き残っていたことをうれしく思う。まあ、これで他人との違いに気づいて困りごと増えたんだけどさ(笑)「私」が殺されるよりはましかなって今は思うんだよね。

 

 毒魔法にかかったままの人はこのブログにたどり着いても他人事としか認識しないけど(困ってないから)、脱出したいって思ってる人は、毒親がおかしいって気づいてるんだから、「私」はまだ死んでないよ。

 

 

個人って壁つくっても土足でプライベート踏み荒らしていくのが毒親だからねー。

 

 まず意識だけでも個人になって自分の感覚を気にしていったらたぶん個性はみつかる。(なんだったらむりやり作ってもいい。思い込みは力になる。) そこから他人と仲良くする方法を考えていきたい。

自分の感覚を初心になって考えてみるっていう私の作戦は間違ってなかったのかも。

  

 

 

 

違うもの、とは、ストレス。

違いにストレスを感じる。

ストレスがない世界は心地よい。

でも、ストレスがないと世界は回らない。

だから、嫉妬も劣等感もあっていい。

適度な刺激は大切ってこと。

 

 

違いがあるから楽しいんだし。

 

 

 

痛いと気持ちいいは紙一重。

 

 

 

 

「擦り合わせ」って、角を削って二つが快適になること。

 

 

 

 

 

ダ←なんか消えなくなった文字

契約してないのに免除はありえない

免除っていうのは、

300円払ってるのが0円になる

ってことでしょうが。

 

0円(契約してない)を免除っておかしいんですよ

会計的には0円だけど。

 

生活保護にはnhk免除の特典(?)があるんだけど、そもそも契約してないのに免除もなにもあったもんじゃない。

役所でなんだかんだ言われて出した書類の返答がnhkから来た。

 

 

免除申請あったから免除したよ

こっちにデータ無かった人は登録、ってゆーか契約したよ

保護切れたとか免除理由無くなったら払ってね

 

という内容だ!

 

だから言ったじゃねーかよ役所!

 

 

解約時に役所とモメそう。保護切れるのいつになるかわからないけど。

 

 

ネットで調べてみたところ、これはnhkが「免除申請にはこの書類使ってね」みたいに役所に送ってるものらしい。

そしてその文面の中に「契約してない人は契約した上で免除の手続きするから」みたいなのが含まれているとか。

(ちゃんと読まなかった私の落ち度でもあるけど、nhkから役所に連絡行くらしくて書類出してないことがわかるとかなんとかでorz)

ネットで調べた先には、同じような問題で役所に抗議した人がいて、その役所では「契約した上で」的な部分を消して使うようになったとか。

 

じゃあ、免除だけできるんじゃん。

(契約してないから免除じゃないけど)

セールスが訪問してこなくなるだけってことできるんじゃん。

 

これから保護開始する人が居たら教えてあげてね!

 

 

 

 

 

Nhkについて言わせてもらうと、そもそもうち現在テレビ見ないし、持ってないし、地デジになった時に完全にテレビ見られなくなったし(この時はゲーム用モニターとして所持はしてた)

スマホは見てないし、そもそもキャリアと契約してるからキャリアとやりとりしろよだし

 

 

役所としては、「nhk免除できる特典があるんですよー」くらいの

 

親切心で

 

 

 

 

あーあ。

 

 

名前すらも教えたくなかったのに

解約時もめたら役所に抗議してやる

基盤作り

欲しかったものを他人に求めてもだめ。

自給自足の精神で自分を好きになること。自分を知ること。

自分は最後まで自分の味方。

どんな道に行っても、何を選んでも。

 

他人なんて不安定なものに自分を託しちゃだめなの。

 

 

その不安定さに夢見ていたいこともあるけど。

 

変えようとする原動力

旦那が発かもスレ94-732 から抜き出し

(某番組を見て、)この人たちは「自分は○○の特性があるから××な配慮が欲しい」「××な特性から△△な誤解をされてつらい」等の「自分がつらい」ばかりで、周りの人にかけてる負担に思いが及ばない。周囲の人とかとの齟齬を解決しようと思ってない。「解決しよう」を思う最大のdriving forceは本人の困り感。「周囲が特性を理解して支援しよう」では本人にforceもriskもかからない。しかしforceをかけても能力的にも人格的にもどうにもならないできない。

 

 

「解決しようとするdriving forceは自分の困り感」

困ってなかったらなんとかしたいと思わない。

 

私がペンを買って友達におしつけたとしても、私のペンを買うお金が無限にあるのなら、私は困っていなかったんじゃないだろうか。

自室のゴミ箱からゴミが勝手に無くなるのであれば私は「ゴミを出し忘れること」を問題だと思わないんじゃないだろうか。

 

毒親がわりとまともな部類だと高校生くらいまで困らないんじゃないだろうか。

明らかなる虐待(暴力や衣食住がまともじゃない場合)があれば気づきやすいし悲鳴も上げやすい? しかし、わりとまともな部類…衣食住はそれなりだがモラハラ系統であった場合、中学生くらいまでは鳥かごに居ても本人は困ってなくて、困らないから気づけないんじゃないだろうか。

 

行動範囲が広がれば自分と違う常識に触れるようになって、気づけるかも?

「なんで相手とうまくいかないんだろう」と思えたら、

「自分に問題があるかも?」から

「相手とうまくやるにはどうしたらいいんだろう?」に繋がる。

もちろん相手に問題がある場合もあるけど。お互いが気持ちよくいられるように考えるきっかけになると思う。

 

本人が困る頃までには調教されちゃってるのでまた困りものですが。

 

困ってることをさがしだす作業

 

はったつしょうがいで終わらない

私の現在の問題点は、
「他人とのコミュニケーションで問題がある」こと。
(家族間も問題だらけだけど)

親家族との問題→私の常識・スタイル化→他人との衝突

なので、毒親がほとんどの原因だと思ってる。


私は病院からADHD診断されてる。
思い当たることはいっぱいあるのでADHDってことでいいです。

私がやるべきことは、
「私の現状を知って、問題なく生活できるようにする」こと。


ゴミを出す集積所に持っていくことをサボるのは、
・曜日タイミングを逃す
→これはADHD方面かもしれない
・ゴミの中身を親に見られて文句つけられたため、親がいない場所でも常に「分別これで大丈夫かな、捨てていいのかな」とビクビクしていることにある。
→これは毒親方面だと思う

ADHD対策は、自分の特性を知った上で問題なく生活できるようにすること。
(特性=治せない仕方ないもの)
・ゴミを出せないと困る→ゴミを出せるようにしよう→アラーム等で対策しよう
こうなるんだけど、
ビクビク感は消えないのでこんな対策は付け焼き刃でしかないと思う。
対策としては間違ってないんだ。
ゴミを出すことができるなら生活には問題がないのだから。
どこかのマンガで読んだのだけど、生活できないのは問題だけど、生活できてるなら何も問題ないわけで。
もしもゴミを出さなくて良いのなら「ゴミを出せないのは問題」とも思わないということ。

親との関係で自分が自分にセーブかけちゃった部分(禁止令参照)は、きっとなんとかできると思うんだ。

自分の性質を知ることも重要だし、他人と接して問題点を探し出すこともしなきゃならない。
いつまでも「毒親のせいで今の私がこうなんだ」と言いたくないし。でもまだしばらく言うかな(笑)


やりたいけどできないのか
やりたくないからやらないのか
できる気がしないから手を付けないのか
そもそもやらなくてもいいことなのか
やろうと思えばできちゃうことなのか


たとえば、「家の鍵を閉め忘れる」と困る。
これが単におっちょこちょい傾向(ADHD方面)で忘れるのか
家の鍵を閉めて鍵を持って出たら鍵を持っていない親から怒られた過去があるから閉めるのが怖いのか
「家の鍵を閉め忘れる」だけでは原因が見えない。これを「家の鍵を閉めないと泥棒に入られるから困るでしょう?だから閉めようね」という対策だけをした場合、「鍵を閉めたら怒られる、でも泥棒に入られる」の2つでパニックを起こしかねないと思う。
(私は専門家ではないので別の対策方法もあると思う)
本人は「鍵を閉めてはいけない」まで思考がショートカットされてて問題点が見えなくなってるかもしれない。本人は「閉め忘れている」のではなくて「閉めてはいけないから閉めない」んだ。


以前は傘を無くして困っていたのだけど、最近は無くさなくなった。
無くさなくなったのではなくて、なくすから傘を持たないようになった。
親に「またなくしたの!?」とは言われてたけど、それで恐怖は残ってないし。現在は自分のお気に入りをなくす可能性があるのが恐怖なので、この問題は「傘を持たない」という対策をして決着がついている。
傘をなくす問題は親関係なかった。
雨に濡れる問題は… 別にいいかな(笑)


私がゴミを出し忘れることは私しか困らないし。
他人とのコミュニケーションとしては問題にならない部分なんだよね。
ペンを友達にあげてしまう方が大問題。

ペンというか買い物のこと。
先日までは「親が喜ぶかも」「親も食べるかも」などと多めに買ったりしていたけど、今は「私しかいないし」という考え方が出来てて多めに買わなくなった。
友達はほぼネットの向こう側なので多めに買っても食べてくれないし。
ネトゲアイテムや狩りなんかではまだやらかしてる。軽くはなった。
ADHDで衝動買い行動というのがあるから、私がペンを2つ買うことは衝動買い行動に見えるのかもしれない。


遠回りかもしれないけど原因を掘っていくようにしてる。


親と物理的に離れて、少しは落ち着いてきたのかな。


引っ越し荷物の大半がダンボールに入ったままだけど、今まだ困ってないし。
いや、だめだろ…


相変わらず自分しか読めない文章書いてる自覚はある。