毒親と子のお話。

脱出したくて考えてきたことと、脱出してから考えてること。

住民票閲覧制限失敗

※このあと、できた→

 

以下、できなかった時の記事

とりあえず。

 

・戸籍

戸籍は血縁なのでどうやっても母親から見られてしまう。

なんとなくできる手段として、現住所のまま分籍をした。

 普通、分籍する時の理由は結婚だと思うんだけど、どういう理由で分籍したかというのが元の(親の)戸籍に書かれる。

転居後に分籍すると転居後の住所が理由に書かれてしまうので現住所のまま分籍した。

親が(親本人の)戸籍を見ても私のは出てこない。私のは付票になる。

直系血縁なので付票を見ることはできる。一手間かかるということだけ。

 

・住民票

閲覧制限は無理だった。

閲覧制限をかけるには、配偶者DV、ストーカー、虐待(18歳以下)、その他、この4つのうちどれかの理由がいる。

警察に相談に行って認められることが必要になる。ここで失敗したわけ。

母親から逃げたいという理由が役所を納得させるのに薄いのはわかっていた。精神的なー、と言ってもむずかしい。

(やはり暴力等の実績は強力だと思う。私の状況は中途半端すぎる。中途半端だから現状なんだし、母親もここをつついてくるわけだから)

警察「あとは役所と相談して」

ん?何の成果も得られてないけどまた役所行っていいの?

 というわけで警察に相談「行ってきた」と役所に言ってみる。

警察に認められなくても申請出せるには出せるんだって。

でもやっぱり申請理由はさっきの4点。

役所のおねーさんが話聞いてくれたけど、警察が味方してないとむずかしいって。

証明があればもしかしたら?とは言ってた。たとえば、先月の入院の原因が親だという「病院が診断」したものとか。心療内科にかかってる原因とか。

精神を縛る毒親の証明ってむずかしいね。

 

 

誰かの役にたてるかもしれないので役所で仕入れてきた情報を書いておく。自治体によって違うかも。参考程度で。

・閲覧制限は現住所と前住所にかかるので、今もし申請が通っても、現住所と前住所しか無理。新住所は転居先の役所でまた相談になる。転居先の役所で相談して通れば、現住所(旧住所)も見られなくなる。

・転出届は転出日までは予定として住民票に記載される。

→ぎりぎりまで出さない方がいい

・委任状を誰かが持ってきたら本人(私)に確認するように役所内でメモはいれておいてくれる

・住民票は5年旧住所地に残る

 

 

委任状ね。世帯が違うと委任状持っていかないと私の住民票はとれないことになってはいる。でも役所で確認するのは、窓口に来た人の本人確認しかしない。委任状は普通本人(私)が書くものだけど、私が書いたかどうかという確認は役所はしない。(ザルだよなー)

うちの母親なら自分で書いてしまうし。

銀行ではけっこううるさくなってきてるけど「本人サイン」はまだザルなところ多い。あとは印鑑確認くらいしかないけど、印鑑証明までしないこと多いし、やっぱりザル。

委任状勝手に作ったら訴えられるかなあ?

 

私のおはなし。

自分がおかしいなーと思いはじめた頃、けっこう前なんだけど。

機能不完全家族、いわゆるAC(アダルトチルドレン、アルコールホリック)方面から入っていった。

確かにACではあると思うけど、状況の解決にはあまり繋がらなかったんだよね。

私もいろいろ知識浅いから間違ってるかもしれないけどね。

はっきりした虐待らしき虐待がないから訴えようがなかった。

自分は甘いのではないか?と思っていた。

子供の役割としては「HERO」タイプかな。褒めてくれることはあったけど、今思えば、私を褒めていたのではなくて、「お前を育てた私」と自分を褒めていたんだなーと。

だから私も気づかなかったんだよね。

 

20超えてからどうにもうまくいかなくなった。

自分のせいだと本気で思ってた頃だな。

 

その後におかしいなーと思ったのは、自分が守りたいものから裏切られること。

守りたいものに後ろから撃たれるんだ。

これはね、私が余計なことを先回りでやってるからなんだよね。

相手の意向を聞かないで勝手に行動してるから相手から怒られるわけ。聞いたかもしれないけど拡大解釈してたり、都合よく解釈してたり。まぁ、いろいろ。

私は正しいことをしてるつもりだから、後ろから撃たれると、その人も敵になっちゃって…、大惨事になる。

こういうことの繰り返しだった。

親に後ろから撃たれた時に、気づいたかな。

自分の守りたいものってなんだっけ?

何のために私は動いたんだっけ?

守りたいものも味方してくれず、友人をも敵にまわして、私はいったい何を守りたかったんだ?

このあたりから私は私のために動こうとしていったんだ。

 

出て来るわ出て来るわ問題点が。

 

・好きなものや嫌いなものの主張ができない。

12色のクレヨンから「好きな色を取っていいよ」と言われた時に、私が取るのは黄色。当然黄色が好きだと思われるじゃん?私が好きなのは青なんだよね。

赤や青は男の子の色、ピンクほどかわいくない、緑は男の子、オレンジは女の子、そしたら無難なところは黄色かな。誰にも文句言われない黄色。

こういう思考で黄色選んじゃってる。

買い物で選ぶ時はまず、誰かが薦めてくれたものだったり親から否定されないものであるかどうかから。その中から選択してた。

あとは保険か。おすすめ商品だったり話題曲だったり。

人の顔色伺って買い物してるから、一人になった時に好きか嫌いかもわからないものを抱えてるんだ。今も物置はそういうよくわからないもので溢れてる。

 

・主体性がない。

選択もできなければ決定もできない。誰かが「これでいいよ」と言ってくれないと進めない。

20を超えてからの友人関係は個性(私らしさ)を重要視されるから、私は個性もなくつまらない人間だった。(つまらないというのは個性かもしれないけど)

ネトゲやってて装備に困った時、「あなたがどうしたいかだよ」と散々言われた。攻撃したいのか支援したいのか遠距離なのか近距離なのか。一応テンプレらしきものはあるけど、それすらも迷ってたな。

(先日見た「おジャ魔女どれみどっかーん」#40のガラス工芸のシーン、「このままだとグラスに、広げるとお皿になるわ。あなたは、どうしたい?」と未来に聞かれて黙るどれみ。この困った感じが自分にとってすごく痛かった)

 

・報酬を多く払いたがる

自己評価が低くて対価がおかしい。先払いしたり、相手が有利な条件を提示したりする。

 

・プレゼントしたがる

人から「これちょーだい」と言われると譲らなくてはならない気持ちになる。渡せるものは渡してしまう。渡せないものは捨てたりする(自分だけが持っているのがダメ)

 

・相手優先で時間を使う

自分のことがどんどん後回しになったりする。自分のことに時間がとれなくて自分の作品はとりあえずなものになっていて、頼まれたものはカンペキに仕上げていたりする。

 

まだあった気がするけど、今思い出したのはこれくらいかな。

 

やりたくてこういう行動をしてるならいいんだけど、無意識にやらかしてるから、不満がたまっていくんだよね。

なんで多く報酬払ってるんだろう?とか、自分で買ったものなのになんで分け与えてるんだろう?とか、過ぎてから思っちゃう。でも相手を責めることはしない。

 

これらの問題の原因を探っていったら、だいたい親との関係にたどり着いた。

 

「20超えて親のせいにするとか」

「20超えたら自分の責任でしょ」

わかるんだけど、わかるんだけど・・・

納得できなかったな。

 

人生脚本から交流分析にたどり着いたのはどういう理由だったか覚えてないけど、禁止令を知ってからすごく視界が開けた。

 

もっと奥は、親から否定されたくないっていうことだった。

存在を認めてほしい

前回は禁止令の話。

存在を認めてほしい から 認められるように しよう。

存在を認めてほしい から 認められないような行動はしないように しよう。

思考の基本がこれ。

「何に」存在を認められたいのかっていうと、親。

子供にとって親は世界であり神である。

どんなクズ親でも神に見放されたら生きていけない。

消されないようにどうしたらいいかを子供は考える。

 

ドラマDr.倫太郎の8話。

親代わりの夢千代が5000万で(夢乃の実の)母親から夢乃を買った。
(5000万で夢乃から手を引いてくれという交渉)
これを知った夢乃は倫太郎の部屋を漁って金を作ろうとする。
「もうお金は要らないと(実の)お母さんに言われたんじゃないんですか」
「だからお金が必要なんじゃない!」

金を運ぶようにすれば母親から見放されなくなる?
(実母は金しか見てないけど)
子にとってはどんなにクズでも親は親。これはもうどうしようもないこと。くやしいけどね。
ドラマの話だけど。

 

他人から「おまえの親は毒だ、クズだ」と言われても、子はそれを認めない。

どうあっても他人では満たせない。

そして「まさか、私を、捨てるわけがない」と思い込んでいること。

親は子のこういう部分をくすぐってくる。

アメとムチを使いこなして、子をコントロールする。

毒親と子の関係ってこんな感じ。

 

「そんなに毒なら離れるしかないよ」と誰かは言うんだ。とてもそう思うんだ。でも動けないんだ。

神から離れて生きていけない。

離れられたとしても、自我を持たない子が世間で生きていけない(自分で選択することができない)

手足を切られているとか羽根をもがれているとかの表現になるかな。

本当に動けないんだ。

動けないのか、動かないのか、動きたくないのか、動こうとしないのか、いろいろ言いようがあるかもしれないけど、とにかく、動けないんだ。

 私の場合は「親を捨てる」っていう罪悪感がとにかくあった。

捨てられたのは自分の方だけど、この先、親が老いて、親が頼れるのは自分だけなのにって。

不思議なんだよね。捨てられた自分のことを悲しく思うよりも、先に親のことを心配してしまっていた。

 

毒親の方も、かつては誰かから(多くの場合その親から)存在を否定されていたんだと思う。

認めてもらえないから、認めてもらえるように。

誰も肯定してくれないから自分だけが味方で、自分は間違っていないと言い聞かせ続けて。

私と同じ状況だったんだなーとは思う。

でもね。

自分が満たされなかったことを子にぶつける言い訳にはならないと思うんですよ。

 

毒親の毒根源も「見捨てないでほしい」なんだと思う。

自分が否定されることを極端に嫌う。

 

「人はその自由意志において、夫や妻、あるいは父や母とあることは否定できても、この世に生を受けてある限り、自分がかつて、あるいは現在も、ある誰かの子供であるという事実を否定することはできず、その誰かと家族という観念を否定的に共有せざるを得ないことになる」(アニメ「御先祖様万々歳!」3話より)

私が子であるように、親も誰かの子である。

私が親に認められたいという思いを、親もその親に抱いていた。わかる。

その親が存在するかどうかは問題じゃない。もう自分の心に幻影となって存在している。

だからこそ満たされない。

どんなに幻影に向かって「だから私を見て!」と言ったところで、もうどうにもならなくて。

友達や異性という代理にもとめてみたりもするけれど、本物にはかなわず。

 

だいたい、無条件で存在を許されるのって子供(年齢的な意味で)だけだと思うんですよ。

泣こうがわめこうが痛いことをしようが軽犯罪しようが。(ダメなことはダメですけどね社会的に。)

それでも親が味方してくれるだろうか。自分がどうあっても親は私を見捨てないかどうか。

ある程度年齢がいくと他人は個人として見てくるので、”無条件で”とはいかなくなってくる。

そしたらそういう痛い子はどんどん離されていく現実があって。

 

親は認めてくれない。

他人も認めてくれない。

このしわ寄せが子供に来る。

…来ちゃった。

 

実際ちょうどいいんですよ、子供って。

何をしても頼ってくるし。

不都合になったら権力を振りかざせばいいなりになる。

権力なあ。「わがまま言うなら置いていくよ!」とかな。

その後は、小遣いあげないとか、家から追い出すとか、虐待って言われてるやつ。

がっつり虐待されてるなら気づきやすいから逃げ出しようもあるんだけど、じわじわと小さいことで縛っていくから(小さいことでもしばれるように教育済みだしね)他人も自分も気づかないんだな。

 

そうそう、毒親はこれをやろうとしてやっていないってこと。

行動に悪意がないんです。

(悪意がないなら性格からにじみ出てるんでよけい悪いんですけども)

 

子供は、自分の存在を認めてくれる。(実際は認めてるわけじゃないんですけど)

これを手放してなるものか。

子供を騙せてる間はいいんだけど、子供も成長するし学校で他人と交流してだんだん言うことを聞かなくなってくるでしょう。

そしたら今度は足を折りにくるわけ。

うちの場合は友達の査定とかあったな。

あの子とは遊んじゃいけませんだとか、あの子は非常識だとか。
(実際非常識だったんですけど←だから信じちゃったんです)

母親は直接言ってくるけど、父親は「そういうの父さんは好きじゃないな」って察してモードで言ってくるんだ。

あくまでも「あなたのためを思って」言ってくる。

 

ちょっと書くの飽きた。

 

 

禁止令の続き。

入院のスキマに書いてたから途切れ途切れだった。

 

「禁止令」の続き。

禁止令って、実際に「するな」と言われたわけではないけど、扱われ方で子供は「してはいけない」と思い込んでいく現象のことね。

無意識下に潜んでいるので、自分でも、なぜこういう思考になるのか理解できない。選択肢の先に「行けない」と思ってしまうため、視野がとにかく狭くなる。

禁止令が11でも13でも大差なくて、その全ては、「親から見放されたくない」に収束する。
(ドライバーっていうのもあるけど、結局はここに収束する)

・うまくできるとかまってもらえないから、完成させたくない

最初は意識的にこなしていたことも、繰り返せば無意識下に落ちる。

他人から「やり遂げられない子」と見られて、やり遂げられないのは事実だから自分でも「自分はやり遂げられない子なんだ」と思い込んで、人格が完成してしまう。

集団(グループ、サークル、会社など)においてはドジっ子評価くらいで済まないわけで。本人は「なんでできないんだろう」と常に悩むことになる。

できるようになれば(完成させたという自信をもたせれば)解決するわけでもない。周りは「頑張ろうよ!」と言うけれど、本人は、「完成させたら見放されてしまう」という恐怖にかられる。できなきゃいけないけど見捨てられるのはもっとイヤだって思考。

この恐怖を他人に話したところで「なんでそんなに大げさに考えるの?」と言われる。

「私は見放さないよ」「間違っても大丈夫だよ」と言われても、どうにもならない。

だって、親=世界=神 なんだから。

他人との集団行動で問題をかかえたりする頃にはもう”大人”になってると思う。

だから実際親はもう干渉しなくなってるんだけど。

親っていうか世界っていうか神は、もう、自分の中の幻影でしかないんだけど、恐怖だけが残ってる状態。

 

ここに気づけ無いと脱出できない。

 

無意識になってる行動パターンに気づくこと。

他人と違う”普通”に目を向けること。

「自分はこうなんだもん!」という決めつけで逃げないこと。

 

自信の取り戻し方ってむずかしいと思うんだよな。

失敗しても大丈夫っていう環境(仲間)とか、むずかしいんだよね。

神からの離脱を考えなきゃならないからね。

 

根本まで探って修正かけた方がいいと思うんだけど、かなり疲れる作業になるらしくて、「過去は過去、今この状態からどうしていけるかを考えよう」と(別件で)医師から言われたな。

 

無意識は恐ろしい。

 

 

 

禁止、禁止、禁止ですっ!

「禁止令」

心理学の話。交流分析とか人生脚本とかでぐぐると出てくるやつ。

交流分析は、他人との交流問題点の原因を考えるもの。

YY あなたもわたしもyes

NN あなたもわたしもno

YN 私だけyes

NY 私だけno

YYであることが望ましいんだけども。

 

人生脚本は7歳までに出来上がると言われている。

そこで重要になるのが禁止令。

禁止令をぐぐるとよく出てくるのがマリリンの話。彼女の人生は結婚して別れるの繰返しだったようで。

もしかしたら「幸せになってはいけない」という禁止令が働いていたかもしれないって話。

禁止令で分かりやすいのは、「健康であってはいけない」かな。親が直接そう言ったんじゃないんだけどね。病気の時しか優しくしてもらえなかった(私の存在を認めてくれなかった)子は、病気を繰り返してしまうようになるらしい。

 

人間が一番恐れるのは、自分の存在を否定されることだという。

(だから「嫌!」って言われるよりもシカトされるのが一番ダメージあるらしい)

否定されたくない、逆に言えば認めてほしい。

病気であれば認められる。無意識にからだが弱くなってしまうそうな。

親から望まれた子(私)のあり方なんだと思い込んでしまう。

 

マリリンは結婚して幸せになってはいけないという禁止令があったとされる。そのため、結婚生活を自分でぶち壊してしまったらしい。

 

禁止令は、無意識に潜む、生き方の基本となる部分ってこと。

その原点は親との関係。

だって、子どもにとって親は神様だからね。

 

禁止令をなんとかしないと人生脚本を変えられない。

 

禁止令は11(別説では13)あって、

13のパターン

1・存在するな
2・成長するな
3・自分の性であるな
4・子供であるな
5・重要であるな
6・成功するな
7・所属するな
8・健康であるな
9・親しくするな
10・感じるな
11・考えるな
12・実行するな
13・欲しがるな

 

私の場合、健康以外はだいたい全部。

性はね、男の子が欲しかったとさんざん言われた。だから「かわいい」を避けてきた。遊びも持ち物も。学校では姉御キャラだったな。

成功するなは強く出てると思う。8割まではものすごい努力するんだけど、完成間際になると放棄しちゃう。うまくいくように進めてるんだけど、うまくいくのを不安がる。

悪くない、悪くない

本人は「がんばったんだもん」ばかり。

 

自分を褒め称えてほしい。

自分以外には嫉妬しまくり。

 

だいたいこの2点に繋がってる。

 

人をバカにするのは嫉妬の裏返し。

そんなバカより自分は素晴らしいと言いたいらしい。

いつも他人のあら探し。

上だ下だと考えていないと死ぬらしい。

 

ダブルスタンダードどころじゃない。

一貫性なんかない。

気紛れなお眼鏡で語る。

 

そーなると、発言に真実基準がなくて、「親の気紛れ」が基準になって、

正しいとか正しくないとかじゃなくなってて、

「できた!」ことも自信につながらない。積み重ねられないんだもの。

教えられたことをやっただけで怒られる。こうしなさいと言われたことをしても怒られる。お前が言ったんだろうが。

 

言ったことすら忘れるし、改竄するし、責任転嫁するし。

言い聞かせてもメモさせてもダメ。

逃げるしかないんよ。

嫉妬からの嫉妬

親にとって、周りの全部が嫉妬対象なんだと思う。

ファミレスで隣の人が食べてるメニューがお得、おいしそう、量が多い、だとか。

世界も宇宙も全部嫉妬。

自分より頭がいい奴。

自分より金持ちな奴。

自分より若い奴。

自分より力がある奴。

自分より下だったくせに自分より上に行こうとする奴。

 

最初はその「力」に媚びていくんだけど、気に入らなくなれば悪評を垂れ流す。だから媚びすらもフリ。吸いとるため。